• ホーム
  • クラミジア感染症と肌荒れの関連性

クラミジア感染症と肌荒れの関連性

2019年10月12日

クラミジアは日本で最も多い性感染症と言われていて、18歳から19歳の女性の30%近くが感染しているとされています。
女性の感染者のほとんどが自覚症状がない状態で不特定多数の男性とセックスをするので、クラミジア感染症にかかる男性も多くなっています。
この感染症は早目に対処しないと不妊症の原因にもなるので、毎年1回は検査をしてクラミジアに感染していないことを確かめることが重要です。
クラミジアの症状は女性の場合は無症状の場合もあるのですが、おりものが増えたり、生理痛のような鈍痛を感じることがあります。
また症状が進むと細菌が子宮内膜炎などを引き起こすのでホルモンバランスが崩れて肌荒れなどを起こすこともあります。

またクラミジアに感染している女性はセックスの時に性器の周辺に肌荒れがあるので、男性から指摘された場合には必ず検査をするようにすると早期発見をすることができます。
クラミジア感染症は性行為をすると感染する病気なので、粘膜の接触をしなければパートナーに感染するリスクはありません。
女性の場合は母子感染のリスクがあるので、エイズの検査をするときに同時にクラミジアの検査もするとリスクを下げることができます。
肌荒れが起きる場合にはクラミジアの細菌が繁殖している可能性もあるので、泌尿器科や性病科などを受診して早めに対処しなければなりません。

治療法としては抗生物質を服用するだけなのですが、症状が進行してしまって子宮内膜などに細菌が侵入している場合には点滴などによる治療をしなければなりません。
ほとんどの場合は入院の必要がありません。
炎症がひどく発熱がある場合には数日間の入院をすることもあるので感染初期に治療をすることが重要です。