日本感染症学会について

2019年06月15日
病原体

東京都文京区に事務局がある、一般社団法人日本感染症学会は、感染症領域における基礎的研究と、臨床的研究の向上や、人材の育成、国民に対して専門家から情報を発信する役割りを担っています。
この一般社団法人日本感染症学会は、1926年に二木謙三先生が中心となって設立された、日本伝染病学会が始まりとなっています。
その後、時代の流れとともに日本の衛生環境が改善され、抗微生物療法の進歩が認められたことで、感染症の疾病が変化することになります。
これによって、1974年に社団法人日本感染症学会と名称を改めることになります。

こちらの学会では、感染症専門医制度を設けており、専門医認定試験を実施しています。
この専門医試験を受けることができる資格には、学会会員歴が5年以上であることや、臨床修練を積んでいるなどの、いくつかの条件を満たした者に限られています。
受験の際に提出する書類も、業績や研修記録等作成する必要があります。
また、更新制度がありますが、こちらにも条件を設けているため、信頼できる専門医制度といえるでしょう。

現在では、インフルエンザやデング熱、エボラ出血熱やMERSコロナウイルスなど、さまざまな種類が報告されています。
これらの感染症への対策には、疫学と診断と治療と予防が重要と考えられています。
このため、抗微生物薬の開発や検査診断法の開発、予防の手段のひとつであるワクチンの開発と普及活動等に、力を入れて取り組んでいます。
近年では、世界で流行したら日本での流行を阻止することが難しくなっています。
専門知識を豊富にもった会員が所属している、一般社団法人日本感染症学会の力が、これから先ますます必要とされるでしょう。